科学と技術

手元にレモンしかない非常事態でも火を起こせる方法を教えてくれる動画


どうしても火を起こさなければならないのに手元にはライターやマッチしかなく、あるのはレモンだけ……そんな時でもこの方法を知っていれば、レモンを電池にして火が付くほどの高温を作り出すことが可能です。

まずはレモンをちょっとだけモミモミして柔らかくしておきましょう。

銅のクギ6本、亜鉛のクギ6本をレモンの果肉に触れるように差し込みましょう。手元にないときは硬貨でもOK。2種の金属のイオン化傾向によって組み合わせは様々なので10円玉(銅)と1円玉(アルミ)でもOKです。

差し込んだ金属を互い違いに導線で結び、最後に両端からワイヤーを出せばレモン式電熱装置の完成。

燃えやすいものを上に乗せたスチールウールにワイヤーを触れると、電気の力で発熱し燃え出します。

動画はこちらから。
How To Make Fire With A LEMON. – YouTube

ライターやマッチよりも、缶切りのほうが無くす機会は多いかもしれません。そんな緊急事態を乗り切りたい人はこちらから。
いっさい道具を使わずにどんな缶詰も開けてしまう方法 – DNA

関連記事

究極の状況をサバイバルするために作られた原チャリ「Motopeds Survival Bike」 - DNA

宇宙飛行士が不時着した時のためのサバイバル訓練の画像 - DNA

パンツ一丁・道具ナシで石斧を作る方法を詳細に教えてくれる動画 - DNA

森の中でゼロから「投石器」を製作しほぼ完璧に使いこなすまでの映像 - DNA

丸太一本を使って豪快かつ簡単に作るアウトドア用ストーブ - DNA

サバイバルゲームのご先祖「ペイントボールゲーム」は資本家とボディビルダーの疑問から生まれた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧