科学と技術

キーボードのバックライトで「ヘビゲーム」が遊べるように改造してしまった動画


キーボードは文字を入力するもので決してゲームのディスプレイに使うものではないのですが、こちらの人は色を変えられるバックライトを利用して、ゲーミングキーボードをゲーム機にしてしまったようです。


ヘビゲーム」はコンピューターゲームとしては最初期に現れた由緒正しいゲーム。エサを食べると長くなっていくヘビを壁や自分の体に衝突しないように誘導していくものです。

当たると真っ赤に光るのもゲームオーバー感がなかなか高くていい感じです。

動画はこちらから。
Corsair K70 RGB – Snake Game – YouTube

こちらはプリンタのステータス表示用液晶画面でFPSゲームを動かしているところです。ゲームを動かすためのものではないものでゲームを動かすのは技術のデモとしてはよくあり、世界のハッカー達がアイディアを競っているのです。
キヤノンのプリンタをハックして「Doom」を遊べるようにすることに成功 – DNA

関連記事

Photoshopの全コマンドを配置した巨大キーボード「SHORTCUT-S」が出資募集中 - DNA

メカトロ化されて実際にエイリアンが火を噴く「インベーダーゲーム」がすごい - DNA

ビル全部を使った「壁面テトリス」にマサチューセッツ工科大学の学生が成功 - DNA

ビル側面を丸ごと使った超々々大画面でプレイする「Pong」の動画 - DNA

信号を待っている同士で対戦ゲームができてしまう信号用押しボタン「ActiWait」 - DNA

キヤノンのプリンタをハックして「Doom」を遊べるようにすることに成功 - DNA

オシロスコープを使って「Quake」を表示させるとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧