アートとデザイン

20日間連続で毎日種類の違う麻薬を使用して描かれたイラストシリーズ「20 Day Binge」


「20 Day Binge」は、米・サンフランシスコのグラフィックデザイナー Brian Pollett(Pixel-Pusha)氏による20枚のイラストシリーズ。20日間に渡って毎日種類の違う禁止・制限された薬物を使用し、その影響下にある状態で描いたというもの。何がどう影響したのかについてはよくわかりませんが、不思議と全て違う雰囲気の作品となっています。

1日目:Butylone(ブチロン)

2日目:GHB(γ-ヒドロキシ酪酸

3日目:Codeine(コデイン

4日目:T.H.C.(テトラヒドロカンナビノール

5日目:Alcohol(エタノール

6日目:Nitrous(亜酸化窒素

7日目:Cocaine(コカイン

8日目:Psilocybin(シロシビン

9日目:4-HO-MIPT

10日目:Poppers(ラッシュ

11日目:DMT(ジメチルトリプタミン

12日目:Ether(ジエチルエーテル

13日目: 25I(25I-NBOMe)

14日目:MXE(メトキセタミン

15日目:MDMA(メチレンジオキシメタンフェタミン

16日目:Amphetamine(アンフェタミン

17日目:Mescaline(メスカリン

18日目:Ketamine(ケタミン

19日目:LSD

20日目:Love(愛)

愛によって体内生成されている物質。Oxytocin(オキシトシン)、Vasopressin(バソプレッシン)、Estrogen(エストロゲン)、Testosterone(テストステロン)、Serotonin(セロトニン)、Dopamine(ドーパミン)、Norepinephrine(ノルアドレナリン

この映像は第1日目のButylone(ブチロン)を使用してイラストを描いている様子の一部始終を撮影したもの。その他のイラストの製作中の映像は Pollett 氏の Youtube サイトで公開されています。
20 Day Binge Day-1 Butylone – YouTube

この作品「20 Day Binge」で Pollett 氏が、使用している薬物(ドラッグ)は違法、医師による適切な投与以外が禁止されている劇薬です。アルコールや愛などは適度であるれば問題無いですが、その他の薬物は興味本位で使用してしまうと取り返しのつかない事になりますので決して手を出さないでください。

またあるアーティストが様々な種類のドラッグをオーバードースした状態で自画像を描いた作品がこちら。ドラッグによって大きく違う自分自身が描かれています。
あるアーティストが様々なドラッグをオーバードーズして描いた自画像いろいろ

ソース:PsyBry

関連記事

LSDでトリップした人が描く自画像の変化がすごい - DNA

麻薬を混ぜた「やみつき料理」を出していた中国のレストラン35店が検挙 - DNA

メキシコ最大の麻薬カルテルのドンの息子たちがSNSに投稿した非日常的な写真いろいろ - DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ - DNA

メキシコの麻薬カルテルと公的機関の相関図が巨大すぎて大変なことになっている - DNA

麻薬の恐怖がよく分かる、上半身半分を麻薬常習者風に特殊メイクした写真集「Half」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧