世界のびっくりニュース

6年間バレずに無断欠勤を続け4万ドル以上の給料を受け取っていた役人が勤続賞候補になって不正発覚


巨大な組織になるほど、誰が何をやっているのか分からなくなっていくもの。スペインのとある公共施設の管理人が6年間もの間仕事に出てこないまま給料をもらっていたという事態が発覚しました。

ホアキン・ガルシアは69歳の浄水場施設管理者……ということになっていたのですが、同じ職場の人間は彼は既に退職や異動したと思い込んでいたり、そもそも在籍していたのを知らなかったりとのこと。少なくとも6年の間一度も職場に顔を見せず、約500万円相当の給与を手に入れていました。

しかし、市の20年勤続功労賞の候補者になったところで異常な事態が発覚。担当者が問い詰めたところ「不正」が明らかになりました。

本人の代理人である弁護士によれば「職場でいじめにあっていた」「行っても行かなくても仕事などなかった」と、正当性を主張しているとのこと。単なる無断欠勤なのでそこまで重たい刑罰を課すこともできず「有給休暇の無断延長」で引き出せるギリギリの約360万円の罰金が課せられるということです。

ソース:Spanish civil servant off work unnoticed for six years – BBC News

Catorce años cobrando sin trabajar en Cádiz | Andalucía | EL MUNDO

関連記事

児童ポルノを無断でスマホにダウンロードして持ち主を恐喝するマルウェアが蔓延中 - DNA

アメリカのごく普通のオフィスワーカーのランチが驚くほどシンプル - DNA

オフィスが襲われても安心な「防弾デスクマット」が発売 - DNA

まるで映画のよう、オフィスで2か月間も「ステルス生活」を続け大成功を収めたある起業家の物語 - DNA

すごく猫まみれになる猫用グッズメーカーの1日はこんな感じ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧