世界のびっくりニュース

ルービックキューブ・ロボが世界新記録となる0.887秒で「1秒切り」達成


3×3、1面9個のパネルの色を6つすべて揃えるパズル、ルービック・キューブを解く競技はコンマ何秒以下の争いが続いていますが、ここに来てロボットが「面の認識と解法の計算コミ」で1秒を切るタイムを出してきました。

動画はこちらから。
World record attempt: First robot to solve a Rubik’s Cube in under 1 second (0.887 s) – YouTube

開発したのはインダストリアル・デザイナーのアルバート・ビアさん。2016年2月、アメリカはカンサス州のジェイ・フラットランドさんのロボットが1秒フラットの解決でギネス記録を更新していますがそれより先の1月23日、ドイツ・ミュンヘンで行われた見本市で展示された「Sub1(1秒切り)」で0.887秒を達成しています。

実際にキューブを回転させて解決させる前に6面をじっくり解決し、解法を算出するタイプのものでは1秒を切るタイムがすでに出ていましたが、今回はタイム計測がスタートしてから解法の計算も始まるタフな条件。6面ではなく半分の3面のパネルの状態をカメラで認識し、キューブ研究者のトマス・ロキッキのアルゴリズムで20手以内の解法を算出、高速で回転させ今回のタイムに至りました。

ギネスが求める審査人の立会などの条件を満たしてはいないものの、おそらくすぐに記録は書き換えられるものと思われます。

ソース:Rubik’s Cube-solving robots break one-second barrier

関連記事

まさに一瞬、ルービックキューブを1秒以内に解決する超速マシーンの動画 - DNA

レゴ製ルービック・キューブマシーンが世界最速記録を更新 - DNA

17x17x17のルービックキューブを7時間半かけて全面揃えるタイムラプス動画 - DNA

おそらく世界で最も難易度の高いルービック・キューブのバリエーション「Movable Type Cube」 - DNA

視覚障害があっても楽しめるルービック・キューブのコンセプトデザイン - DNA

才能あふれすぎ、片手腕立て伏せをしながら片手でルービック・キューブを解く男の動画 - DNA

その記録28.80秒、目隠しルービックキューブの世界記録達成動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧