科学と技術

スイス・アルプスの深いクレバスの中をドローンで飛びながら撮影した動画


標高3000メートルにあるクレバスにもち人が落ちてしまったら中を捜索することはほぼ不可能。むしろ二次遭難の危険すらあるわけですが、そうしたレスキュー用途にもドローンが有用であることがよく分かる動画です。

これはスイスの飛行ロボット開発企業Flyability社が制作・公開したもの。高山中のクレバスに落ちた人を探すのは大変危険なのですが、無人運用できるドローンなら設備の足りない高山でも運用が可能で、比較的安全です。

ドローンにはロールゲージが取り付けられ、氷壁に当たっても飛び続けることが可能です。動画はこちらから。
Drone flies in crevasse – YouTube

ドローンというと「飛ぶ」というのが一番よく知られた機能ですが、実際は「支え無しで浮かんでいられる」というのも注目されている機能。砂漠の真ん中に浮遊させて携帯電話の基地局にしたり、こんなふうにどこでも自由自在に動かせる照明として使うことも考えられています。
写真撮影中に自動でライティングを変更してくれるドローンシステムをMITの研究者が開発 – DNA

ソース:Flyability redefines UAV operation boundaries and explores the heart of a glacier

関連記事

火炎放射器を搭載したドローンで七面鳥を黒焦げに焼きつくす動画 - DNA

世界最大の洞窟「ソンドン洞」の巨大空間をドローンで空撮した動画 - DNA

手付かずの美しい景色が残る氷の世界「南極」をドローン空撮した超美麗映像 - DNA

怒れる羊のヘッドバッドで撃墜されてしまったドローンから撮影された動画 - DNA

ドローンで撮影した世界中のいろいろな場所の美しい映像を簡単に探せる世界地図「TravelByDrone」 - DNA

写真撮影中に自動でライティングを変更してくれるドローンシステムをMITの研究者が開発 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧