世界のびっくりニュース

オーストラリアのコレクターが違法エアソフトガン収集の容疑で逮捕


法的には「おもちゃ」であるエアソフトガンは日本でも気軽に所持できますが、オーストラリアではこのエアソフトガンを収集していたコレクターが、違法な武器収集の容疑で逮捕、懲役5年が求刑されたそうです。

逮捕されたのはパーモント在住の27歳のコレクター、コーリー・ハリソン。銃器犯罪対策班が先日家宅捜索を行い、11丁のエアソフトガン、コンパウンドボウ、スリングショット、フェイクの手りゅう弾などを押収しました。その他2.4kgの覚せい剤、少量の合成麻薬も発見されています。

実際に押収されたエアソフトガンなどの画像

海外では「エアソフトガンで逮捕?」と、各メディアの記事の見出しに疑問を投げかけている人がたくさん見られます。同時に大量の麻薬が発見されていることから、懲役5年の多くはこちらの罪の分と思われます。

これらエアソフトガンはプラスチック、あるいは低強度の金属で出来ており、基本的には実弾を発射する能力やそれに耐えうる強度がありません。しかしオーストラリア・ニュージーランドの銃器規制は日本のそれよりも厳しい部分があるので、そこで引っかかったものと思われます。

ソース:Gun collector faces jail over illegal arsenal | Daily Telegraph

トップ画像:Work arsenal | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

グロック18を勝手に二連銃身化したエアソフトガンを台湾・We-Tech社が開発 フルオート射撃の動画を公開 - DNA

あの2連銃身ハンドガン「AF2011」とうとうエアソフトガン版の動画が公開 - DNA

寮の1室をエアソフトガンのカスタム工房にしていたニューヨーク大学の生徒が逮捕 - DNA

ニュージーランドでフルオート射撃ができるエアソフトガンの所持が可能に - DNA

台湾で「サバイバルゲーマーに週末だけ軍人になってもらう」法律が提案される - DNA

[字幕動画]トラヴィス・ハーレイが語る「エアガンで効果的な訓練を行なう方法」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧