アートとデザイン

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に登場したマッシブな強化外骨格を完全再現したコスプレ「B-EXO」の画像


ミリタリー系SFでは欠かすことのできないガジェット「強化外骨格」。本当に昔から様々な作品に登場しているこの隠れた主役の中でも、日本の小説からハリウッド映画化された「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に登場する強化外骨格を完全再現した人が現れました。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は桜坂 洋氏作のSF小説。トム・クルーズとエミリー・ブラント主演でハリウッド映画化された際、強化外骨格がガシンガシンと動く姿に感動した人も多いのではないでしょうか。
ライトノベルからハリウッドへ「Edge of Tomorrow」の強化外骨格ソルジャー感満点な予告編登場 – DNA

ニューヨーク在住のアーティスト/コスプレイヤーのピーター・コキスさんは「B-EXO」と題してこの強化外骨格をほぼ完全に再現。

圧倒的質感を漂わせていますが、材料はごく身近にあるものだけでできてしまうそうです。ちなみになぜ「B-」かというと、スタジオがあるブルックリンに由来するそう。

依頼すれば様々なパーティーやイベントなどにも出張してくれるということです。

油圧ピストンで動く外骨格、パワードスーツはロマンあふれるガジェットですが、現実はちょっと違った方向に行っている模様。服の下に着られるようなスキンスーツで筋力を増加するものがアメリカで試験されています。
DARPAが開発した「筋力増強スキンスーツ」をアメリカ陸軍が評価試験開始 – DNA

その他、数多くのコスプレ画像が作者のサイトで公開されています。他にもターミネーターやオプティマス・プライムなどをディティールモリモリで制作しているようです。

ソース:B-Exo Soldier

関連記事

ラノベ原案のハリウッドSF映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」予告編第2弾 - DNA

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の爆発たっぷりなメイキング動画 - DNA

「最後の1日」のループを脱する戦いを描くSF映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)」予告編第3弾 - DNA

SFっぽい短機関銃「KRISS Vector」のプロトタイプはさらにSFっぽい見た目だった - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

まさにロボコップ、軍用強化外骨格「XOS2」のかっこよすぎる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧