世界のびっくりニュース

レゴブロック・コレクションは債券や金地金よりも割のいい投資である


21世紀が始まって16年目ですが、中東での対テロ戦争や「リーマンショック」といった経済に影響を与える事件が、株や債券といった伝統的な投資対象はあまり大きな利益を産んでいるとはいえません。そんな中「レゴ」の投資効率が注目されているようです。

中古レゴ相場は2001年から毎年12%という大きな値上がりをしており、しかもいわゆる「バブル」的な危険な相場の膨らみ方をしていない、と「投資としてのレゴ」をテーマにネットオークションでの落札相場などのデータを集計・分析しているWebサイト「Brickpicker」は語っています。

例えば2007年に登場したこちらの「カフェ・コーナー」は当初約1万6千円ほどでした。
10182 Café Corner – Brickipedia – Wikia

しかし、現在ではおよそ37万円、値上がり率実に2千パーセント超という価格で取引されています。高く売るには開封前の新品であることなどいくつか条件がありますが、映画とタイアップした商品や、各国の名所をモデルにした商品は相場が上がりやすくなるとのこと。

こうしたオモチャは値崩れするときは値崩れするので、本気の投資には向きませんし、何より作って楽しみたい人に届かなくなるのはあまりよいことではありません。しかしこういうものでも投資にできてしまうのだな……というのは驚きの一言です。

いつかこんな風に、かつで自分が遊んだキットと再会する人も出てくるのでしょうか。
[字幕動画]若い頃に手放したバイクとネットオークションで感動の再会を果たしたとある男性のお話 – DNA

ソース:Lego a ‘better investment than shares and gold’ – Telegraph

トップ画像:The art of being happy… | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

レゴ社のカスタマー・サポートは世界最高クラスでオトコマエであることが判明 - DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 - DNA

[字幕動画]若い頃に手放したバイクとネットオークションで感動の再会を果たしたとある男性のお話 - DNA

ファンを60年以上も悩ませ続けたあの問題に終止符を打つレゴ謹製スリッパ - DNA

アメリカ政府、専用機「エアフォース・ツー」をオークションへ、お値段500万円から - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧