世界のびっくりニュース

氷点下40℃で温かいお茶を空中にぶちまけると神秘的な光景が現れる


あらゆるものを瞬時に凍りつかせてしまう氷点下40℃の世界。しかし、厳しい極寒の世界のみがつくり出すことが出来る神秘的な景色も存在しています。

この写真はカナダの写真家 Michael H Davies 氏が、北極圏から約20kmの地点で氷点下40℃の中、友人の Markus Siivola 氏が温かいお茶を思いっきり空中にぶちまけた瞬間を撮影したもの。お茶が氷点下40℃にさらされた瞬間に凍りつき空中に無数の氷の柱が現れています。

1.

2.

3.

また後ろには美しく輝く太陽が撮影されていますが、写真撮影が行われた地点では冬の時期には太陽は2時間程度しか現れないとのこと。凄い世界です。

ちなみに冬には平均気温が氷点下30℃にまで落ち込むシベリアの世界一寒い村「オイミャコン」の冬の景色はこんな感じになります。
シベリアの世界一寒い村「オイミャコン」の冬はこんな感じ

ソース:MichaelHD ( michaelhdavies.com ) | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

南極で最も危険な気象状況「Condition 1」時に南極観測基地の扉を開けるとこんな感じ - DNA

氷点下30℃のカナダ・タキニ温泉で行われた「ガチガチに凍った髪型コンテスト」 - DNA

氷点下のシャボン玉の表面に美しい氷の結晶が浮かび上がる神秘的な画像 - DNA

氷河期到来を疑ってしまうほどに激しく凍りついたスロベニアの極寒の雪景色 - DNA

あまりにも寒いと車のホイールはこうなってしまうらしい - DNA

[閲覧注意]あまりの寒さに生きていた時そのままの状態で凍りついてしまった野生動物の写真いろいろ - DNA

沸騰したお湯ですら一瞬で雪になってしまう極寒のロシアで撮影された動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧