世界のびっくりニュース

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」上映中に映写機が故障して場内がパニックに


日本でも公開が始まった「スター・ウォーズ」最新作「フォースの覚醒」。過去6作とはまったく異なった展開もありうる最終3部作のスタートということで、すでにアメリカでは数々のオープニング記録をぶっちぎりつつあるそう。ここまでの人気作ともなると、上映中のトラブルはまさに大変なことになります。

ハリウッドのArclight劇場で3D上映中に、何らかの原因で映写がストップ。一度は復旧したものの再び止まり、さらには5分ほどストーリーが進んだところから再生されたため観客はこのようにかなりエキサイトしています。劇場は次回以降の鑑賞券を配布したとのこと。
The Force Awakens 3D snafu @ Arclight Hollywood – YouTube

本気で怒っている人はもちろん、どうしたらよいか分からず立ちすくんでいる人や「俺の人生めちゃくちゃだ!」とヤジを飛ばして楽しんでいる人が結構いるあたり、すごくファンに恵まれた作品だということが伝わってきます。

なおアメリカでは前売り券で1億ドル(約120億円)、この週末だけで2億ドル(240億円)の興行収入が見込まれるとのこと。これまでの公開初週の興収トップが「ジュラシック・ワールド」の2.08億ドルですが、3D映画、IMAX映画部門でも同様に記録を塗り替えつつありのでおそらくこれは抜いてくる見通しです。

関連記事

Google Custom Search

映画一本分の時間でスターウォーズ全6作品を一気に完全おさらい出来る夢の動画 - DNA

製作者たちの熱い思いが伝わってくる「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の特別メイキング映像公開 - DNA

レイア姫もチラリ登場する「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編映像が公開 - DNA

どどんと24分「スター・ウォーズ全キャラクター知ってるかな?」動画 - DNA

「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」と同時上映された幻の映画「Black Angel(黒き天使)」がYouTubeで公開 - DNA

スター・ウォーズの多脚戦車「AT-AT」は特撮担当者の魂を削ってアニメーションしていた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧