世界のびっくりニュース

マスティフが俊敏性を競う障害物競走「アジリティ」に出場するとこうなる


犬の「アジリティ競技会」とは、いかに早くそして正確に決められたコースを走ることが出来るかを競う犬の障害物競走。大会で優勝するには賢いだけではなく俊敏性が必要となるですが、何故か筋骨隆々の大型犬マスティフが出場し会場を沸かせているのがこちらの動画。ある意味手に汗握るハラハラ・ドキドキの展開となっています。

のっしのっしとマイペースで迫力満点の走りですが、最後までちゃんと完走しているイングリッシュ・マスティフ。応援せずにはいられません、頑張れ!動画はこちらから。
Mastiff Competing At Dog Agility – YouTube

この映像は、2014年2月に米コロラド州デンバーで開催された「Rocky Mountain Cluster Dog Show」での一コマ。違う競技であればかなり活躍出来るはずなのすが……それにしても最後まで諦めず一所懸命な姿は素敵ですね。

ちなみにアジリティ大会で優勝してるボーダコリーのパフォーマンスはこんな感じです。ハンドラー(指導手)も含め異次元の世界です。
Watch Border Collie, Tex, Win 2015 Masters Agility Championship – YouTube

マスティフはアジリティ競技には向いていないかもしれませんが力持ちで優しくとても頼れる大型犬。マスティフ系の中でも特に大型と知られるチベット原産のチベタン・マスティフが2歳の女の子のされるがままになっている映像です。
小さな女の子にいいように遊ばれている巨大なチベタン・マスティフの動画

関連記事

生後5週間の子猫が一所懸命にアジリティー・トレーニングしている動画 - DNA

「ベッドの上は禁止」としつけられている犬を隠しカメラで撮影した動画 - DNA

犬は実際に落ち込んでいる人をなぐさめる習性があることが判明 - DNA

自分の行動をすごく後悔している犬たちの写真いろいろ - DNA

最強のチャンピオン犬を決めるドッグ・ショーで入賞した素晴らしく美しい犬の写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧