世界のびっくりニュース

被告が裁判中にナデナデして落ち着くことができるようペットの黒猫が法廷に連れてこられる


ネコの出すゴロゴロ音が精神を安定させ、傷の治りを早くする効果があることはすでによく知られていますが、イギリスのとある裁判所では被告の精神を安定させるためペットの黒猫が連れてこられるという珍事があったようです。

イギリス・チェルムスフォードに住む72歳のウィルトシャーさんは先日、2人の女性へのストーキング容疑で起訴されました。裁判はすでに開始されていますが、弁護士が「被告は健康に問題があり、ペットの黒猫の精神的なサポートが必要である」と主張。バスケットから出られないように顔だけ出した状態で法廷に連れてこられました。

弁護士いわく「ネコの精神安定作用は学術的に認められており、被告に必要なものだ」とのこと。次の出廷は来年以降になるということです。

アメリカの裁判所にネコが陪審員として召喚される、欠席の連絡は「却下」 – DNA

ソース:Chelmsford pensioner, 72, allowed cat in court room to steady his nerves | Essex Chronicle

トップ画像:Black cat in a box! | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

裁判の決着を「決闘」でつけるようニューヨークの弁護士が裁判所に求める - DNA

「裁判官に寛大な判断をしてもらうのに最適な時間帯」はいつか - DNA

「小さいから無罪のはず」露出容疑の男の男性自身のサイズが裁判の証拠として計測される - DNA

「レッドブルが『翼をさずける』のはウソ」虚偽表示訴訟が14億円で和解 - DNA

[字幕動画]あの「マクドナルド・コーヒー訴訟」はいかにして大事件に仕立て上げられたのかを詳細に語るニューヨーク・タイムズのドキュメンタリー動画 - DNA

裁判所の書記官が「仕事嫌い仕事嫌い仕事嫌い……」しかタイプしていなかったことが判明 - DNA

英軍特殊部隊員で満載のバンをうっかり狙ってしまった車上荒らしがひどい目にあう - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧