世界のびっくりニュース

北京で吸った空気からレンガを作り出すプロジェクトが進行中


中国の空気汚染が深刻であることは今までに何度かお伝えしてきましたが、このニュースはちょっとショックかも。北京の空気を掃除機で吸い込み、集まったチリからブロックを作るというパフォーマンスアートの画像です。

このアートを「実行」しているのは深セン出身のアーティスト「坚果兄弟」さん。7月末から1日4時間、そして100日の間北京市内の様々な場所で空気を採取、その様子を中国版Twitterである「微博」で毎日公開してきました。

天安門広場など、政治的には大変微妙なところでも空気を採取。

よく掃除人と間違えられたそうです。

集められたチリは型に入れられ、焼かれてレンガになるとのこと。

中国の環境汚染がちょっとマズいレベルにある、というニュースはよく目にしますがこうして空気からレンガができてしまうのを実際に見てしまうと改めて怖くなってきますね。

ソース:A Chinese artist vacuumed up Beijing’s smog for 100 days and made a brick from what he collected – Quartz

関連記事

中国・北京の大気汚染状況を克明に伝える、1年間同じ時間・場所で撮影した写真で作られたモザイク - DNA

大気汚染で地獄のようになってしまった中国の都心部の写真いろいろ - DNA

[閲覧注意] 衝撃的に深刻な「中国の環境汚染」を捉えた写真いろいろ - DNA

終末の恐怖、パリで行なわれた核・生物・化学兵器からの避難演習の画像 - DNA

中国・高速道路の渋滞は桁違に凄いことがよく分かる写真と映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧