科学と技術

スパイ偵察機「U-2」がバラバラに解体されていくタイムラプス映像


1950年代のアメリカで生まれた細い漆黒の機体に長い翼を持つ独特なフォルムのロッキード社製スパイ用偵察機「U-2」。規定の飛行時間を超えるとバラバラに解体され、細かな部品に至るまでチェックして再組立が行われています。50年以上経過した現在でも現役で活躍している理由がよくわかります。

この映像はロッキード・マーティン社の技術者たちが「U-2」を解体する一部始終を撮影したもの。全ての「U-2」は、飛行時間が4700時間毎に解体され個々のパーツ点検、再塗装、再組立が行われています。4万個のリベット、1800個のパーツ、そして機体までが精密に検査され必要であれば修復されます。

動画はこちらから。
Amazing time-lapse of the disassembly of an entire U-2 plane – YouTube

「U-2」の大きな特徴は、当時ミサイルが届かなった成層圏(高度2万5000m)の高高度飛行が可能であること。ちなみにパイロットは宇宙服とほぼ同等の性能を持つ与圧スーツを着用してコックピットに乗り込みます。

高度2万1300m(70000フィート)を飛行する「U-2」のコックピットからの映像です。景色はぼぼ宇宙ですね。
U2 Spy Plane • Cockpit View At 70,000 Feet – YouTube

また2015年退役予定となっている「U-2」を大幅強化型したコンセプトデザインはこちらから。
ロッキード社「U-2偵察機」の大幅強化型のコンセプトデザインを公開

関連記事

アルカイダが考えた「無人偵察機から逃げるための22のテクニック」 - DNA

音速突破の瞬間、衝撃波が美しく雲を引く戦闘機の写真40枚 - DNA

美しい珊瑚礁の海底に朽ち果て眠る 第二次世界大戦時に活躍した米軍戦闘機の写真シリーズ「Roi Airplanes」 - DNA

60年代、超極秘偵察機「A-12」をエリア51まで陸路で運搬する道のりを記録した画像いろいろ - DNA

性能よりもデザインがものすごく気になる無人偵察機「Argus One」 - DNA

7歳の少年、あわや垂直離着陸戦闘機ハリアーを購入しかける - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧