アートとデザイン

真夜中に街を徘徊し普通の車を勝手にスーパーカーに改造しまくったアーティストの作品「Slapdash Supercars」


「ある朝、自分の車が素敵なスーパーカーになっていたら……」という夢みたいなことが実現されているのですが、実際に自分の車がターゲットとなってしまったら相当困惑してしまうそうです。

「Slapdash Supercars」は、オランダ・アムステルダムのアーティスト Max Siedentopf 氏が、真夜中に街を歩きまわり偶然見つけた普通の車にスポイラーやグリルなどを勝手に取り付けスーパーカー風に改造した作品。ただし使用したのはダンボールとマスキングテープのみ。かなり凄いビジュアルの作品が出来上がっています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

ちなみにこちらはロシアの凄い改造車をまとめた写真です。驚くことにダンボールでカスタムされた車もロシアでは普通に存在しているようです。
ロシアの「走り屋」たちが手作りした改造車のビジュアルはかなりすごい

ソース:Slapdash Supercars – Max Siedentopf

関連記事

ダンボールのみで作り上げた空想科学的飛行物体の模型シリーズ「The Principles of Aerodynamics」 - DNA

頑丈で簡単に持ち運び出来るダンボール製のスタンディング・デスクが出資募集中 - DNA

ダンボールで作れる世界最高レベルにかっこいいものの画像 - DNA

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のマックスにマッド改造された凄いバイクいろいろ - DNA

2012年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧