世界のびっくりニュース

ライフル銃と根性で世界最長・約3470メートルの超長距離射撃に成功


ライフル銃の弾丸を偶然「当たる」から必然的に「当てる」に変えるには相当な技術と精神力が必要となります。だいたい1kmからがエクストリームな距離なのですが、なんと3km超というウルトラな射撃に成功したチームが現れました。

3800ヤード(約3470メートル)と数字で書かれてもよくわからないのですが、こういう縮尺の地図が出てくると説得力があります。着弾までに10秒ほどかかるとのこと。

長距離射撃では弾頭の落下を補正するためにターゲットの上方を狙わなければなりません。しかし3km超の射撃に対応したスコープなど存在しないので、このように据え付けるマウントの方を思いっきり傾斜させて、銃口が上を向くようにしています。

このスコープの調整に必要なターゲットがこちら。100ヤードで下の方の的を狙うと上のほうの的に当たります。

動画はこちらから。
3800 Yard Long Range Shot by HCR Team – YouTube

これ以上の超長距離を撃つとなると、飛びながら軌道を修正する弾が必要になりそう。こちらは銃というより砲弾ですが、GPS誘導で30km先の自動車を撃ちぬけるものもあります。
約30km向こうから誤差平均1.18mで砲撃できるすごい弾頭、M982「エクスカリバー」の試験動画 – DNA

関連記事

未だ解決ならず Apple Watchは50口径のライフル弾でブチ抜けることが判明 - DNA

口径なんと20mm超、世界最大のライフルを撃つとこうなるという動画 - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

リューポルド社のライフルスコープを徹底的にいじめ抜く動画 - DNA

イギリス軍の狙撃手 1発の銃弾で6人を殺害 - DNA

ベトナム戦争時、狙撃兵にキレた米軍が猛烈な砲撃を叩きこんでいる写真が公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧