世界のびっくりニュース

アメリカ・メキシコの国境をネットにして行われるバレーボールゲーム「Wallyball」


スポーツの国際試合では少なくともどちらか一方は、国境を超えて移動しなければなりません。しかしこちらのアメリカ・メキシコの「Wallyball」は、国境線の壁やフェンスを使用して行われるため、どちらのチームも自分の国にいながら国際試合を行うことができます。

バレーボール試合「Wallyball」は、アメリカ・アリゾナ州ナコの町と、メキシコの同名の町の間で、1979年から毎年4月に行われてきました。

アメリカとメキシコの国境は、毎日互いの国にある職場に出勤する人も多く、世界でも出入りの多い国境です。麻薬密輸や不法移民など国境に関する批判的な話題は尽きないのですが「Wallyball」は2つの国の友情を記念するものとして、続けられています。

動画はこちらから。
Border Volleyball USA vs Mexico – YouTube

なお、アメリカ・メキシコ国境といっても実に様々な姿を見せています。海岸や山、市街地などの国境の様子はこちらから。
びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚 – DNA

ソース:Locals are using the US-Mexico border fence as a giant volleyball net – Quartz

関連記事

びしっ!とキレイに分かれているアメリカ・メキシコ国境の写真25枚 - DNA

インドとパキスタン国境の衛兵たちによる超攻撃的な「国境ゲート閉鎖式」の様子 - DNA

ちょっと気になる世界の不思議な国境線の写真いろいろ - DNA

世界の国境が接する地点の非常に興味深い画像いろいろ - DNA

複雑怪奇な国境線がすごいオランダとベルギーの超国際都市「バールレ=ナッサウ」と「バールレ=ヘルトフ」 - DNA

この1000年の間にヨーロッパの国境線がどれだけ変化したかが分かるアニメーション動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧