科学と技術

知らないと見抜けない50ドルの偽札がベトナムで発見される


他の国の紙幣の細かいデザインを覚えている人は少ないもの。なので偽貨幣は海外で流通しやすくなっています。こちらはベトナムで発見された50ドルの偽札、アメリカの人ならほぼひっかからないのですが、アメリカ人以外の人にはぱっと判別するのが難しいのではないでしょうか。

見た目はなんとなく50ドル札に見えますが……

こすると表が剥がれて、下から「10」が現れます。

英語の「TEN」も「FIFTY」に書き換えられていました。

偽札は機械を通すと一発でバレるので「現金払いでいかに人間をだますか」というのが勝負になります。この方法であれば、ほとんどの部分は本物の紙幣なので手触りでは分からず、紙幣に反応する薬品を使っても検出は難しくなります。

動画はこちらから。
50 Dollar Bill is actually a 10 Dollar Bill [Fake Dollar Bill] – YouTube

しかしこの方法では真ん中の人物画を変更しないので、慣れている人であればそれで判別することができます。また10ドル札は現在女性像への変更が計画されているので、そうするとこうしたニセモノづくりには使用しにくくなるのではないでしょうか。

関連記事

カナダ、ほぼ偽造不可能な「ポリマー紙幣」を導入へ - DNA

くしゃくしゃにしたお札そっくりな梱包材「Financial Padding」 - DNA

紙幣をバラまいて嵐を巻き起こすことができるキャノン「Make it Rain」 - DNA

その国の特徴がよく分かる独特なデザインの美しい紙幣59枚 - DNA

根性入りすぎの変造ハードディスクが中国で発見される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧