アートとデザイン

1945年から現在までの2000回を超える核爆発を世界地図上にビジュアル化した動画「Trinity」


「Trinity」は、1945年に行われたアメリカによる世界初の核実験から2009年の北朝鮮による核実験まで合計2153回にも及ぶ地球上での核爆発を世界地図上でビジュアル化した動画。核兵器が生まれて70年となった現在でもまだ世界の一部では核実験が行われているとう現実があります。

動画はこちらから。
Trinity on Vimeo

この映像はカナダのミュージシャン Orbital Mechanics(ORBITAL MECHANICS) 氏の作品です。

動画のタイトルとなっている「Trinity(トリニティー)」の由来は、1945年7月16日にアメリカで行われた世界初核実験のコードネーム「トリニティ実験」から。この実験の数日後には広島(1945年8月6日)、長崎(1945年8月9日)に原子爆弾が投下されています。その後、全世界で実験という名のもとで2000回以上の核爆発が起こっています。この映像では2009年の北朝鮮による核実験が最後となっていますが、その後2010年にアメリカ、2013年に北朝鮮が核実験を行っているとの指摘があります。

また、こちらの動画「1945-1998」も同じコンセプトで製作されたもの。1945年から1998年の核爆発が克明にビジュアル化されています。
1945年から1998年までに発生した核爆発を地図上に表示する動画「1945-1998」

関連記事

永世中立国スイスの美しい景色にカモフラージュされた軍事施設の写真いろいろ - DNA

岩盤を掘りぬいた核シェルターを再利用したスウェーデンのデータセンタの内部写真 - DNA

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

兵士達の真上で原子爆弾を爆発させる人体核実験の動画 - DNA

フランス空軍のラファール戦闘機による「核攻撃訓練」の一部始終を見られる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧