科学と技術

あの「バネ状のおもちゃ」が階段を降りて行くところを延々と見守ることができる自動スリンキーマシンが完成


どうやっても「バネ」としか説明できないおもちゃ「スリンキー」は、持ち主の実力に応じていろいろな動きを見せてくれます。そんな「スリンキー」の基本技、階段降ろしを心ゆくまでただ見守ることができるマシンがこちら。

これが夢のマシンの全貌。簡単なようですが、スリンキーが1段降りたら、ちょうどその分だけの位置エネルギーを補ってやらないといけないので微妙な力加減が必要になります。

とっても苦労して制作している動画はこちらから。
Building the slinky machine – YouTube

そして苦労の甲斐あって、ちょろっと連続動作している動画はこちらから。
140 step slinky descent – YouTube

なお、癒し系スリンキーではなくアクティブなスリンキーを楽しみたい方は、こちらの動画を参考に色々研究してみてください。
あの「バネ状のおもちゃ」の新たな可能性に気づく驚きのアクロバティック実演販売映像 – DNA

関連記事

不可解なほど巨大、「スター・ウォーズ」のテーマを奏でる手回しオルゴールの動画と画像 - DNA

かわいさ永久機関、アヒルの赤ちゃん用ウォータースライダーの映像 - DNA

半自動ライフル6丁を束ねて作ったガトリングガン「The Redneck Obliterator」 - DNA

トーストと猫で永久機関を作る動画 - DNA

自分のリードを追いかけて永久機関になってしまった犬の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧