ネット・PC

熱いメタル魂を持った人間とbotを区別するためのCAPTCHA認証「Metal Captcha」


Web上での各種情報入力の際は「CAPTCHA(キャプチャ)」と呼ばれる仕組みで、人間と攻撃用のbotを見定めます。最近はCAPTCHAを突破するためのAIというのも開発されていて、CAPTCHAの有効性にも疑問符がつき始めているのですが、こちらの「Metal Captcha」はロックとメタルを理解できる存在、いわゆるメタラーにしか解けなさそうなCAPTCHAとして開発されています。

CAPTCHAの基本は、写真やイラストの中に表示された、機械には判読しにくい文字や数字を読み取りその内容を入力するもの。「Metal Captcha」は神聖なるメタルバンドのロゴを表示させ、この内容を正しく打ち込んだものに道を開きます。

試してみたい人は以下のリンクから。あなたが人間であれば、このCAPTCHAの答には「イモレーション」と入力できるはずです。
Metal Captcha – HeavyGifts.com

製作元のデザインファクトリー「HeavyGifts」では、認証用にメタルバンドのロゴを募集中。メジャーレーベルからインディーズまで、自分のバンドのロゴを受け付けているそうです。

もっともこちらの事件のように、ジャンル論争になってしまう可能性も高まりますが……人間は複雑な存在です。

アニメ「シンプソンズ」でJudas Priestを「デスメタル」と呼んでしまい炎上 – DNA

トップ画像:Metal Horns | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

とうとう突破か?「CAPTCHA」を攻略する人工知能が開発 - DNA

アニメ「シンプソンズ」でJudas Priestを「デスメタル」と呼んでしまい炎上 - DNA

厳重すぎてロボットだけでなく人間も弾いてしまいそうなCAPTCHA認証 - DNA

まさにミラクル、インターネットがやらかしたミス10個 - DNA

IBMの超コンピュータ「ワトソン」にスラングを教えたら大変なことになった - DNA

2013年最も人間のふりをするのがうまいチャットBot「Mitsuku」とチャットできるサイト - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧