アートとデザイン

指と車輪がついた自律式マウス型デバイスで画面上のあらゆる場所をランダムにクリックし続けるアート「The random user」


ニュース系のサイトでは、画面いっぱいにクリックできるリンクテキストやボタンが並んでいることも珍しくありません。もしこれを、何も考えずにただランダムにクリックしていったら……そんな実験ができるのがこちらの車輪と指付きの自立型マウス。まったく予測できないのカオティックなネットサーフィンが実現します。

「The random user」は、スペイン・マドリードのデザインスタジオ「MONOBO」の作品。制作側の意図したナビゲーションやユーザーエクスペリエンスなど、ありとあらゆるものを無視してひたすらカチカチし続けます。

動作中の姿はかなりシュールです。動画はこちらから。
The random user on Vimeo

本当に長時間ほうっておくと、何があっても最後はGoogleとかあのあたりに到達して終わり、ということになるかもしれませんが……

こちらはマウスで動かすカーソルの軌跡をアートにするソフトウェア。意図をもって使っても、このようにぐちゃぐちゃです。
マウスカーソルの軌跡を記録してアートにしてくれるおもしろソフトウェア「IOGraphica」

関連記事

ネットで現在進行中のサイバー攻撃をリアルタイムに可視化する世界地図 - DNA

SNS依存症から脱却できる画期的なデバイス「Social Media Guard」をコカ・コーラが開発 - DNA

思いっきりターゲットを主婦に絞り込んだマウスのコンセプトデザイン - DNA

マウスを散歩させているほのぼのとした女の子の写真 - DNA

インターネット史上最も高額で取引されたドメイン名のトップ20 - DNA

これがインターネット依存症……?電源と無線LANを探して歩くニューヨークの人々の写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧