世界のびっくりニュース

ニュージーランドの男子校で数千人もの生徒たちが民族舞踊「ハカ」を踊り恩師の霊柩車を見送る壮観な動画


ニュージーランド・パーマストンにある男子校「Palmerston North Boys’ High School」 で約30年間教師(物理・数学)をしていた Tamatea 先生を乗せた霊柩車が到着すると、数千人にも及ぶ全生徒が一斉に「ハカ」を踊り先生を見送っています。

動画はこちらから。
PNBHS Haka for Mr. Dawson Tamatea’s Funeral Service – YouTube

「ハカ(Haka)」は、ニュージーランドの先住民族「マオリ族」の戦士たちが戦いの前に行う民族舞踊。元々は自分の力を誇示し相手を威嚇するための踊りだったのですが、現在は敬意や感謝の印として冠婚葬祭を含む各種式典などで披露されています。

最も有名な「ハカ」にラグビー・ニュージランド代表チーム「オールブラックス」が試合前に舞うものがあります。こちらの映像は2011年にニュージーランドで介された第7回ワールドカップの決勝戦(ニュージーランドVSフランス)で行われた「ハカ」。世界最強のチームが決定する試合直前、両チームの気迫が伝わってきます。
All Blacks vs France Haka 2011- RWC Final – YouTube

関連記事

ラグビーのルールをセクシーなお姉さんたちが実演して教えてくれる動画「Rules to Rugby」 - DNA

秘境に住む唯一無二の伝統文化に生きる少数民族の姿を記憶する写真シリーズ「Before They Pass Away」 - DNA

生徒に手を出してしまった女教師たち41人の写真とその罪状 - DNA

母の愛、チアリーダーがいない高校アメフトチームのため母親達が大活躍 - DNA

[字幕動画]自分への悪口ツイートを読み上げる高校の先生たち - DNA

毎年必ず卒業アルバム用写真を撮影している教師の40年間をまとめた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧