アートとデザイン

翼の羽が抜け落ち老婆の姿で横たわる超リアルな堕天使のアート作品「Angel」


もし天使が存在し、更に神に追放され堕天使となったらどのような姿なのか?……誰も知らない永遠の疑問に対する一つの解として制作されたアート作品。とにかくリアルさへの追求が凄まじく、一気に老けてしまったかのような天使の姿にゾクッとくる恐怖を感じてしまう完成度です。

「Angel」は、中国・北京を中心に活躍するアーティスト PENGYU 氏と SUNYUAN 氏による羽毛が完全に抜け落ちた翼があらわとなっている真っ白な布をまとった老婆風の堕天使のオブジェ。材料はシリカゲル、ガラス繊維、ステンレス鋼などを使用しているとのこと。静かにうつ伏せで横たわる姿は、ただ眠っているだけなのか、それともすでに死んでいるのか……。ひっこりと起きてきても不思議ではない雰囲気があります。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

こちらは実在しているにもかかわらず、まず実際に見るとはないリアルな人体模型です。人間の皮を一枚めくったらこんな状態になるようです。これもかなり怖いですよ。
[閲覧注意]極限までリアルに作られた「プロ用人体模型」が肉色ホラーで怖い

ソース:Two Chinese Artists Created This Terrifying Hyper-realistic Sculpture Of The Falling Angel

関連記事

特に何でもないのにめちゃくちゃ恐怖を感じてしまうこと22選 - DNA

日本生まれのウルトラ・リアルな歯科トレーニング用ロボットの動画 - DNA

[閲覧注意]訓練用のリアルすぎる負傷兵マネキン「Tactical Operations Medical Manikin」 - DNA

恐怖の武器、ほんの1滴ヘビの毒を血液に混ぜるとこうなる - DNA

とんでもなくリアルな仕上がりのドラゴンボールのキャラクターたち - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧