世界のびっくりニュース

「Oカップ」の女性 自動車にはねられるも胸がクッションになって生還


「肩がこる」「食事の時にジャマ」など、巨乳の人には悩みがたくさんある一方「エアバッグのかわりになる」という意外な利点があることがイギリスにて明らかになりました。

ヨークシャー州に住むサラ・フォスターさんはアンダーバスト83~87cm、日本ではNカップからOカップとなる「38JJ」という巨乳の持ち主。家族とともに洗礼式に出かけた帰りのこと、車の外で休憩中に暴走した車がサラさんに突っ込んできたのです。

1.

サラさんはその車に跳ね上げられたものの、「Oカップ」がフロントガラスに当たり、ほんのかすり傷を負っただけで済んだそうです。サラさんは腰痛や肩こりから胸の縮小手術を考えていたということですが、まさに間一髪のことでした。

2.

おっぱいが事故から命を救うことがある一方、ロシアではおっぱいが連鎖的交通事故を生み出してしまったこともあります。なかなか良いことばかりとはいかないようです。

3.
「おっぱい広告トラック」のせいで1日で500件の交通事故が発生する騒ぎに – DNA

ソース:Pontefract woman’s life saved by breasts after Mini Cooper hit her on A1 motoway | Daily Mail Online

関連記事

グミキャンディを撃ち込まれた女の子のお尻がどうなるのか秒間5000コマでハイスピード撮影で解明した動画 - DNA

「おっぱい広告トラック」のせいで1日で500件の交通事故が発生する騒ぎに - DNA

ホンモノvs整形おっぱいを「揺れ方」で見分ける方法 - DNA

女性のおっぱいをテーマにしたゲームの制作コンテスト「Boob Jam」開催 - DNA

約40%の女性が「知性をおっぱいと交換したい」と考えている - DNA

重傷を負った英軍兵士が女性衛生兵にお願いしたたった一つのこと - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧