世界のびっくりニュース

E3 2015で公開された「The Division」の画質がぐっと落ちている……ということを証明する動画


ゲームの試作版と完成版の画質が大きく違う、というのは最近よくあること。トム・クランシー原案の「The Division」も、開発の進行とともにこうした画質の変化が現れてきているようです。

2013年・2014年にそれぞれ公開されたデモ動画と比較的似たシーンがチョイスされ、比較されていますが2015年は逆光での光の質感や全体のくっきり感が劣り、また陰影の部分もなんだか色数が少なくなっているようです。

動画はこちらから。
Tom Clancy’s The Division Graphics Downgrade 2015 – YouTube

大規模なマップ上をうろうろし続ける……という内容を考えると、快適さのためには少し画質を落としたほうが有利なのかもしれません。完成が近い印、と前向きに捉えるべきなのでしょうか。E3で公開されたフル動画はこちらをどうぞ。
Tom Clancy’s The Division Gameplay Walkthrough [E3 2015] – YouTube

関連記事

「ウォッチドッグス」2012年のテスト版と製品版のグラフィックス比較動画 - DNA

FPSゲーム「Thief」の画質をXbox One・PS4・Xbox 360・PS3・PCで比較するとハードウェアの進歩に驚く - DNA

「ウォッチドッグス」2012年のテスト版と製品版のグラフィックス比較動画 - DNA

初代から「6」まで歴代iPhoneのカメラ性能を徹底比較する画像いろいろ - DNA

驚異の進化、歴代の「iPhoneカメラ」全6機種の画質を徹底比較 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧