世界のびっくりニュース

バイクの「前輪ウィリー」を心ゆくまで練習できる補助輪がある


スタントをやる人たちも生まれた時から勝手にできたわけではなく、やはり練習が必要です。バイクの前輪だけで走ったり静止したりする技を練習するときも、やはりこうした「補助輪」を使うようです。

動画はこちらから。ガッチリ固定しているのではなくて、左右に倒れそうになった時だけ支えるためいくらでもバランス感覚の練習が可能になっています。イギリスのStunt Asylumでは、1日コース4万6千円でこの補助輪を提供しています。
stoppie school – Stunt Asylum – YouTube

なおこのスタントの名前について、日本では「ジャックナイフ」と呼んでいますが、英語圏では「ストッピー(Stoppie)」「エンドー(Endo)」「ノーズウィリー(Nose Wheelie)」と呼ぶようです。

逆に英語圏で「ジャックナイフ」といえば、トレーラーと牽引物の動く向きが違ってしまう「ジャックナイフ現象」を指す言葉。こちらも日本でしか使用例が見当たらない「ジャックナイフターン(前輪を浮かせてから180度ターン)」と動きが似ているので、この辺りから派生した言葉かもしれませんね。

ソース:learn2stoppie

関連記事

ママを横に乗せてサーキットを爆走するスタントマンの動画 - DNA

南米・ボリビアのエキゾチックな景色の中でのスタント・ライディング動画 - DNA

F1カーの上をデカいトラックが飛び越えていくすごいスタント動画 - DNA

並走するトラックに渡したロープを渡る驚異のスタント動画 - DNA

ものすごくかっこいいけどマネしちゃいけないバイクの駐車方法の動画 - DNA

メキシコのお巡りさんによる「非公式・バイクからライフルを撃つ方法」の動画 - DNA

全速力でチリの街の狭い坂道を駆け下りる怖すぎる自転車レース「Valparaiso Cerro Abajo」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧