アートとデザイン

古今東西の銃器の中身が見える美麗なカッタウェイ画像いろいろ


先日紹介した自動小銃の3点バーストメカのアニメーション動画のように、銃の中身はそれぞれに興味深いもの。外から中身が見えるカッタウェイ画像は、アート作品としてもユニークです。

スタンダードな.45口径のコルト。

取り回しやすくかつ強力なカラシニコフ・AK74U

初期の自動拳銃・モーゼル。

そして世界初のオートマチックピストルと言われるボーチャード。機関部が大きくグリップ後方にはりだしています。現代もののように小型化されたものを見ると、技術革新のすごさが際立ちます。

実物をカッタウェイして作られることが多いのですが、これらの画像は3Dソフトウェアを使用して作られたリアルなCG。形状データからこうしたアニメーションもつくられています。
Borchardt Pistol C93 www.vladrussianarms.com – YouTube

その他、ブローニング・ハイパワーやグロック、自動小銃など様々な作品が作者の公式サイトにて公開されています。

ソース:Art of War 3d, Inc. – Extremely Detailed 3D Military Models

関連記事

画面の中で好きなだけ鉄砲の分解・組み立てたができるアプリ「Gun Disassembly 2」 - DNA

金属3Dプリンタによる1911型45口径ピストルの製造・実射にアメリカの企業が世界で初めて成功 - DNA

アメリカ当局、3Dプリンタ製拳銃の検査動画を公開し「安全性に問題あり」と勧告 - DNA

様々な拳銃やアサルトライフルの内部をCTスキャンで撮影した画像色々 - DNA

P2P情報サイト「The Pirates Bay」、3Dオブジェクトデータ専門のカテゴリを新設 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧