アートとデザイン

熱い手話でエミネムの「Lose Yourself(ルーズ・ユアセルフ)」を同時通訳している動画


ラッパーの独特な手の動きや表情をそのまま継承したかのような非常に熱い手話でエミネムの「Lose Yourself(ルーズ・ユアセルフ)」を同時通訳している映像です。正確な意味がわからくても、何となく伝わってくるものがあります。

動画はこちらから。
Eminem Lose Yourself ASL (STUDY 3M FRUITARIAN DIET) – YouTube

エミネムの「Lose Yourself(ルーズ・ユアセルフ)」を同時通訳しているのは、アメリカで手話通訳を行う Shelby Mitchusson 氏。意味のある「動き」で表現するラップ・ミュージックと手話の親和性は非常に高いのかもしれません。

エミネムの「Lose Yourself」はこちら
Lose Yourself by Eminem | Eminem – YouTube

ちなみにラップPVのミュージックを牧歌的なアイリッシュ音楽に変えてみた映像です。ほのぼの系ストリートダンスがとても心に残ります。
ストリートダンスのBGMをラップからアイリッシュ音楽に変えるとこうなる

関連記事

アメリカでは「ネットスラング」がどんどん「手話」化されている - DNA

「世界で3番目に翻訳が難しいのは関西弁の『なあ』」1000人の言語学者へのアンケートで判明 - DNA

どの単語にも同じパターンが現れない不思議な言語「アル・サイード・ベドウィン手話」 - DNA

たった2人の使用者どうしの仲が悪いためにメキシコの「アヤパネコ語」が絶滅の危機 - DNA

ラッパーはいくつくらい単語を知っているのか比較した大チャート「The Largest Vocabulary in Hip hop」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧