アートとデザイン

世界最高峰のカスタネット演奏者ルセロ・テナによる圧巻のパフォーマンス動画


カスタネットと言えば音楽の時間に手拍子感覚で演奏されるイメージがあったのですが、本物のプロ、しかも世界最高峰の演奏者によるパフォーマンは別次元の迫力があります。カスタネットがとても魅力的な楽器であることがよくわかります。

世界的なカスタネット演奏者として有名な ルセロ・テナ 氏。元々は出身地のメキシコでフラメンコ・ダンサーとして活躍し、その後スペイン・マドリッドの世界一有名なフラメンコタブラオ「コラル・デ・ラ・モレリア(Corral de la Moreria)」に活動の場を移しています。フラメンコ・ダンサーを引退したあとは、カスタネットの演奏を中心に活躍しています。

2007年にマドリッドで行われあクラシックコンサートでのルセロ・テナ氏の演奏映像です。
Intermedio. La boda de Luís Alonso. J Gimenez. Lucero Tena – YouTube

2015年2月のベルリンでの演奏映像です。1937年生まれのルセロ・テナ氏、70代後半の年齢とは思えない超絶技巧です。
Concert Berlin, Philharmonie, Plácido Domingo y Lucero Tena, 17. Feb. 2015 – YouTube

ちなみに、フラメンコダンサーだった若かりし頃のルセロ・テナ氏の映像はこちら。
Lucero Tena (baile, castañuelas): Seguiriyas – Gabriel Moreno (cante) y “Serranito” (toque) – YouTube

こちらはカラー映像です。
Bailaora flamenca con castañuelas – YouTube

スペインの伝統舞踊「フラメンコ」の情熱的な演奏とダンスも凄い。いつのまにか引きこまれてしまう魅力がありますね。

関連記事

超絶技巧な女性4人組によるアクロバティックなクラシック演奏 - DNA

世界最速、ギターによる「くまんばちの飛行」の超絶技巧演奏が500bpmを達成 - DNA

いつかはここで生演奏を聞いてみたい世界の非常に美しいコンサート・ホール25選 - DNA

エレキギターでヴィヴァルディの「夏」を演奏するすさまじい動画 - DNA

どう演奏しても名曲、サッチモの「この素晴らしき世界」を16の違うジャンルで演奏して比べてみる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧