世界のびっくりニュース

南米で最も美しい都市「ブエノスアイレス」の圧倒的な景色を見せてくれるドローン空撮動画


スペイン語で「良い空気」を意味する南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。南米で最も発展した都市に挙げられるブエノスアイレスは、その名の通り「南米のパリ」とも呼ばれ伝統的な建築物や現代的な超高層ビルが立ち並ぶ街並みがあります。

1. どこまでも広がる大都市・ブエノスアイレス

2. 中央の古い建築物はアルゼンチンの国会議事堂

3. 海のように広大なラプラタ川河口付近

4. くっきりと分かれている高層ビル群と住宅街

5. 片側9車線(7車線+2車線)もあるブエノスアイレスのメインストリート「7月9日大通り」とオベリスコ。

6. ピンク色が特徴的なアルゼンチン大統領官邸「カサ・ロサダ」。参照:豪壮にして華麗、非常に美しく歴史のある世界各国の大統領官邸いろいろ

その他乙女の橋、プラネタリウム、大聖堂などブエノスアイレスの見どころがタップリと詰まっています。

自由自在に空から撮影した映像はまさに圧巻です。動画はこちらから。
Team BlackSheep in BUENOS AIRES – ARGENTINA – YouTube

ちなみに、ラプラタ川対岸にあるウルグアイの首都モンテビデオはこんな感じ。南米で最も生活の質が高いと評価されている都市です。
Team BlackSheep in MONTEVIDEO [URUGUAY] – YouTube

これらの映像はドローン製造会社Team BlackSheep」が製作した作品です。

関連記事

旧市街の建物や街並みがとても色鮮やかな海外都市10選 - DNA

豪壮にして華麗、非常に美しく歴史のある世界各国の大統領官邸いろいろ - DNA

南米アルゼンチンで開催された「ミス・ポールダンス2010」の芸術的かつ官能的な写真 - DNA

荘厳な空間が広がる世界のオペラハウスの内部写真シリーズ「Opera」 - DNA

一度は訪れてみたい世界の美しく素敵な本屋さん16選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧