科学と技術

手術ロボットがブドウの皮を縫い合わせる精密作業デモがすごい


米・インテュイティヴ・サージカル社の手術ロボット「da Vinci Surgical System(ダ・ヴィンチ サージカルシステム)」は遠隔操作で手術を行うことができるというシステム。人間のお医者さんもティッシュやオレンジなどを使って縫合を練習するそうですが、ロボットでも同じようなことができてしまう時代が来てしまいました。

1. 真中部分の皮が切り取られたブドウ。これから縫合していきます。

2. 皮をぴったりを貼りあわせて糸を通しています

3. 完了。ブドウの皮が綺麗に縫い合わせられています。

4. 作業はこんな感じで行われています

動画はこちらから。
da Vinci Robot Stitches a Grape Back Together – YouTube

米・インテュイティヴ・サージカル社の「ダ・ヴィンチ サージカルシステム(da Vinci Surgical System)」は、患者とって負担の少ない外科手術を行える内視鏡下手術用ロボット。ダ・ヴィンチ サージカルシステムの原型は1980年代後半に、戦場での手術を遠隔で行うことを目的として米国陸軍と旧スタンフォード研究所によって開発されてたもの。その後の民家で応用され更ならる技術開発によって現在のシステムとなっています。

また2014年6月の時点で、3100台のダ・ヴィンチ サージカルシステムが世界中の病院に設置されており、日本でも183台が導入されています。

ソース:da Vinciについて | インテュイティブサージカル合同会社 – ダヴィンチ サージカル システム

da Vinci® | 低侵襲治療とは | 治すこと | 九州大学病院 先端医工学診療部

関連記事

カメレオンの舌を真似て「ドラえもんの手」のようにどんな形状のモノでもつかむ事ができるロボットアームが開発 - DNA

日本生まれのウルトラ・リアルな歯科トレーニング用ロボットの動画 - DNA

「自動スナック菓子食べさせロボットアーム」が全力でスナックを叩きつけてくる失敗動画 - DNA

正確無比な動きで日本刀を操る産業用ロボット達の殺陣シーンの動画 - DNA

「鶴の拳」を習得してしまったGoogleの人型ロボット「アトラス(Atlas)」の動画 - DNA

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧