アートとデザイン

空と地上が繋がる別天地、雨季の「ボリビア・ウユニ塩湖」に現れる奇跡の絶景を捉えたタイプラス・ショートフィルム


「Reflections from Uyuni」は、ボリビアのウユニ塩湖(塩原)を撮影したタイムラプス・ショートフィルム。雨季のウユニ塩湖は、大量に降る雨が塩湖の表面を覆う水が空模様をそのまま反射することで非常に幻想的な景色が現れます。

ウユニ塩湖(塩原)は、南米アンデス山脈の標高3700mに位置する面識が約1万km²もある塩の大平原。なぜこんな高地に塩の大平原があるかというと、かつてアンデス山脈が隆起した時に大量の海水で巨大な湖が形成されたことに始まります。さらに水が流れ出る川が無かったこと、乾燥地帯だったことで濃い塩が大量に残り真っ白で広大な塩原が形成されました。

乾季には自動車やバイクで走行出来る程乾いた塩原なのですが、雨季になると大量の雨水によって冠水してしまうウユニ塩湖。水に覆われたどこまでも続くまっ平らなウユニ塩湖は、空の模様をそのまま反射する「天空の鏡」となります。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

動画はこちらから。
Reflections from Uyuni on Vimeo

この映像はスペインの旅行映像作家 Enrique Pacheco 氏の作品です。

ちなみにオーストラリアで最も大きいエーア湖も雨季と乾季で全く違う景色が現れます。
雨季と乾季で全く表情が変わるオーストラリア最大の湖・エーア湖の素晴らしく美しい写真

関連記事

[閲覧注意]触れた生物を石へ変化させるアフリカの死の塩湖「ナトロン湖」 - DNA

不思議な形状の塩結晶が湖面に現れる、世界一低い場所にある死の湖「死海」 - DNA

知る人ぞ知る大自然の絶景ポイント10個をまとめた美しい動画 - DNA

到底実在しているとは思えないすばらしい絶景な場所25選 - DNA

今すぐ車に乗って旅に出たくなる世界中のロードトリップ写真41枚 - DNA

世界17カ国を343日にかけて旅した軌跡をまとめた、美しく魅力的なタイムラプス動画「Time is Nothing」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧