アートとデザイン

14世紀ヨーロッパの手書き写本にはっきりと「ヨーダ」らしき生物が描かれていた


2015年12月8日に第7作目のスター・ウォーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開予定となっており、スター・ウォーズ熱が再び高まっている中、ジェダイのグランド・マスターの称号を持つ「ヨーダ」が中世ヨーロッパの写本に描かれているらしいと話題になっています。

1. 雰囲気や色など確かにヨーダ本人もしくは同じ種族の可能性、あると思います。ちょっと手と足の形が水生生物っぽいのが気になりますが。

このヨーダらしいき生物が描かれているのは約700年前の14世紀に製作されたと考えられている(178代グレゴリウス9世)ローマ教皇教書の写本「スミスフィールド・デクレタルズ( Smithfield Decretals)」に描かれていたもの。旧約聖書に記されたイスラエルの英雄サムソン(Samson)の箇所に登場しています。

そう言えばヨーダが亡くなった時の年齢は900歳。スター・ウォーズとは違う世界なのは重々承知なのですが、もしかすると……と想像たくましく考えてしまいます。

ちなみに中世ヨーロッパの本にはたくさんの個性的なキャラクターが登場しています。中世ヨーロッパ人は、かなり想像力が豊かだっただけではなく画力もなかなかのものです。
何かの暗号?中世ヨーロッパの本の余白に描かれた奇妙な絵20選

ソース:Yoda? Is It Thou? Figure In 14th-Century Manuscript Looks Familiar : The Two-Way : NPR

関連記事

印刷技術が発明される以前の本に描かれた中世ヨーロッパ時代の落書きいろいろ - DNA

サムライ風にリデザインされた「スター・ウォーズ」のキャラクター達 - DNA

特異な衣装を身にまとい黒死病と戦った17世紀ヨーロッパの「ペスト医師」 - DNA

中世の騎士の甲冑を完全に再現し本当に戦闘可能だったのかを検証した動画 - DNA

[閲覧注意] 中世から近世の外科医が使用していたどう考えても恐ろしい手術器具20選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧