ネット・PC

2015年4月13日に出来たばかりの新国家「Lieberland(リーバーランド)」が市民募集中


土地があること、住民がいること、政府の実力によって統治されていることの3つが揃っていれば、いちおう「国家」を名乗ることができますが、もう地球上にはスペースが残っていないので、新国家を作ることはできないはずでした。しかし、セルビアとクロアチアの国境紛争のどさくさに紛れて、ぬけぬけと作られてしまった新国家が市民を募集しています。

「Lieberland(リーバーランド)」は、クロアチア・セルビアの国境地帯、ドナウ川西岸にあります。この辺りは国境線が長らく確定しておらず、特にリーバーランドのある7平方キロメートルのエリアは両国が領有権を宣言していませんでした。

そこで初代国家元首であるチェコ人のヴィド・ジェドリッカと10人位の仲間たちが旗を立て、国家設立を宣言。Web上で市民登録を募集し、現在20万人が応募しています。

紹介動画はこちら。
Formation of Liberland – جمهورية ليبرلاند – YouTube

なお「To Live and Let Live(自分は自分、他人は他人)」をモットーに、憲法で経済的・政治的に徹底的な自由を保証しているのが特徴。通貨は電子的なものが予定されています。

こうした「ミクロネーション」は20世紀に入ってから色々なところで色々な人が建国を宣言しているのですが、建国者の心の中だけで終わってしまうケースがほとんど。場所が場所だけに、うっかりすると武力紛争の引き金にもなりかねず、色々と危ういままFacebookで建国作業が続いています

ソース:Liberland.org – Introduction

Liberland – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

独立宣言するも国家と認められず世界から孤立した地域に暮らす人々を撮影したドキュメンタリ写真シリーズ「Lands in Limbo」 - DNA

2011年7月9日に誕生した最新の国家「南スーダン共和国」を祝う人々 - DNA

冬の時代から脱却しつつある旧共産主義国家ハンガリーとルーマニアの人々や風景を捉えた写真シリーズ - DNA

発展途上国から先進国まで、世界各国の公務員の給料と執務室の写真 - DNA

アメリカ本土にアジアの独裁国家軍が上陸、サバイバルする若者達を描いた「Red Dawn(若き勇者たち)」 - DNA

かつて地球に存在した唯一の超大陸「パンゲア大陸」に現在の国を当てはめた地図 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧