世界のびっくりニュース

生後2ヶ月で死の淵を彷徨った黒猫、回復後に入院中の動物を看病し続けるように


体が弱っている時には気持ちも弱ってしまうもの。そんな時には誰かがそばにいるだけで安心できるものですが、こちらのオスの黒猫ラデメネスくんも病院の仲間たちに寄り添い、勇気を与え続けています。

ポーランド・ブィドゴシュチュにある動物シェルター「ブィドゴシュチュ・ホステル」にラデメネスくんがやってきたのは昨年の秋ごろのこと。上気道の感染症を患った状態の生後2ヶ月にも満たない子猫で健康状態は極めて悪く「せめて苦しみを短くしてください」と飼い主が連れてきたのです。

獣医師も安楽死が最善の方法だとわかっていたものの、なぜかそうすることが出来ずラデメネスくんは入院することに。当時の彼は体毛も抜け始め最悪の状態であったため他の動物との接触を禁止され、一人寂しく隔離された状態での長い闘病生活を過ごすことになりました。

そして、ラデメネスくんの体調は奇跡的に回復にむかいましたが、お話はここで終わりません。健康が回復した後、このシェルターで暮らし始めた彼は奇妙な行動を取るようになった。まるで「看護師」のように働き始めたのです。

シェルターに傷ついた動物が運び込まれてくると、動物の種類にかかわらずそばに寄り添い看病するようになりました。時にはハグしたり、耳をぺろっとなめたりと……。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

自分自身の経験から傷つき苦しい時にどうしてほしいのかを知っているネコだからこその行動だと思ってしまうのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

ちなみに、こちらのネコも本当の孤独のつらさを知っているのか入院中のおばあちゃんから離れることないそうです。
「こいつが入院中のバアちゃんから離れようとしないんだ」という1枚の写真が話題に

ソース:Rademenes. Czarny kot, który przynosiszczęście chorym zwierzętom

関連記事

動物園で飼われていたウォンバット、お客さんのナデナデが足らず「うつ病」と診断される - DNA

猫が優しい心を持っていることがよく分かる写真いろいろ - DNA

死にゆく魚を蘇生しようと懸命に水をかけ続ける犬の動画 - DNA

6ヶ月ぶりに帰宅したときの犬と猫の反応の違いが素敵すぎる動画 - DNA

動物病院の鍵付き檻から脱獄するネコの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧