アートとデザイン

アドレナリンMAX 秘境ネパールをインド製バイクでぐるっと一周した冒険旅映像


ヒマラヤの麓に位置する神秘の国・ネパールをバイクに乗ってぐるっと1600km、2週間の旅で撮影した映像です。とにかく、ものすごく楽しそうな冒険映像となっています。

首都・カトマンズ、ポカラ、南部のインド国境、エベレスト近郊など、ネパールを縦横無尽にバイクで旅しています。気になるバイクは、インドのバイク製造会社「バジャージ・オート」が製造する「バジャージ・パルサー(Bajaj Pulsar) 200」。時には川や泥による道無き道をひたすら進み、また都市部も違った意味で非常にスリリングなことになっており、200ccではちょっと頼りない気もしますが、それもまた旅のエッセンスの一つになっていると思います。

想像していた道と大きく違ったためにGoogleマップへの恨み節、舗装道路がいかに素晴らしいかを力説など旅の苦労が垣間見えるシーンも見逃せません。途中でなぜか、右ミラーがなくなっているのも気になりますね。動画はこちらから。
Insane Travel Adventure- Riding Across Nepal on a Bajaj Pulsar Motorcycle – YouTube

この映像は、アメリカ出身の Alex Chacón さんの作品です。ちなみに Chacón さん、以前に南北アメリカをバイクで走破しているかなりの冒険野郎。その時の映像や Chacón さんについては「南北アメリカ大陸をバイクで一人旅、その過酷な行程の一部始終を記録した動画『The Modern Motorcycle Diaries』」に詳しいです。

ちなみにこちらの映像もインド・ネパールのバイク冒険旅行を撮影したもの。神秘的な文化と大自然のある秘境のバイク旅、憧れますね。
エキゾチックなインド、ネパールから壮絶に危険なヒマラヤの道まで4500kmのバイク冒険を記録した動画

関連記事

ネパール、チベット、ブータンに囲まれたヒマラヤ山脈にかつて存在していた「シッキム王国」の景色や人々の写真 - DNA

ヒマラヤの断崖絶壁でミツバチの巣を採集するネパールのハニー・ハンターたち - DNA

古き良きチベットの世界、かつてヒマラヤ禁断の王国と呼ばれた旧「ムスタン王国」の写真22枚 - DNA

まさに「ランボー」アフガンのグルカ兵がたった1人でタリバン兵との大銃撃戦を制す - DNA

異形の修行僧、精神世界に生きるヒンズー教の「サドゥー」たちのポートレート集「SADHU HUNDRED」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧