アートとデザイン

SOEZIMAX監督の「パトレイバー」ファンムービー「MOBILE POLICE PATLABOR ASSAULT」公開


実写版映画「パトレイバー」の公開が、いよいよ2015年5月と近づいてきました。マンガ、TVアニメ、OVA、劇場版アニメとそれぞれ微妙に違う解釈が面白い「パトレイバー」ですが、YouTubeで数多くアクション動画を公開しているSoezimax監督も、また違ったテイストのパトレイバー動画を制作、公開しています。

動画はこちらから。
【短編映画】パトレイバー 実写ファンムービー MOBILE POLICE PATLABOR ASSAULT soezimax – YouTube

「パトレイバー」は警察官のお話なので犯人は殺すことなく捕まえる、のが本編でのテーマでしたが、ファンムービーでは一レイバー乗りの妄念にフォーカスしているように見えます。「コロシの気迫」はSoezimax監督のお家芸ですね。

「漫画・アニメ版のあの感じ」な特車2課の制服に身を包む主演・沢暉 蓮(さわき れん)。星でソレらしく見せる徽章など、いつも通りミニマムでコンパクトに撮影されたようです。

とにかく少ない人数で、パパパっと撮影していくのがsoezimax氏の手法。

このカットに写っているのがほぼ全撮影チーム。

「常連」メンバーだと、だいたい何をするのか経験から分かるので、スムーズに撮影が進みます。

映画製作というとこれまでは制作費用や特撮テクニックがフィーチャーされることが多かったのですが、こうした制作の進め方や段取りという部分もなかなか面白いものがあります。メイキングはこちら。
【メイキング】俺的な特車二課?ミニマム体制で作るファンムービーの現場 Behind the Scene of PATLABOR ASSAULT soezimax – YouTube

関連記事

SOEZIMAX監督の「実写『オメガ7』ファンムービー」メイキングに密着取材してきた - DNA

「ドラえもん×AKIRA」なファンメイド・アニメ「DORAEMON」が禁断の融合すぎる - DNA

3Dアニメの雄、ピクサーのストーリーライターが語る「おはなし作りにおける22のルール」 - DNA

ロサンゼルスで公開されたセクシーな「アニメ・バーレスク」の画像色々 - DNA

宮崎駿のアニメ映画の世界をミニマルなレゴで再現したモデルいろいろ - DNA

「エヴァンゲリオン」制作スタッフの募集課題を「中の人」がやってみた結果がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧