世界のびっくりニュース

海外ファン製作の実写版ドラゴンボール動画「Dragon Ball Z: Light of Hope」が凄いと話題に


YouTubeに公開されてから約1週間で700万回以上の再生数を記録した、ドラゴンボールのアナザーストーリーを描いたファン製作のショートフィルム「Dragon Ball Z: Light of Hope」。2009年にハリウッドで実写映画化されたドラゴンボール・エボリューションと比較しても遜色ないばかりか、超えているとさえ言われるほど評判の高い映像作品となっています。

ストーリーは、原作漫画で番外編として描かれていた「TRUNKS THE STORY -たった一人の戦士-」と1993年にテレビ放送されたドラゴンボールZ・スペシャル版「ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス」をベースに孫悟飯とトランクス以外は人造人間17号と18号に殺されてしまったアナザーワールドを描いたもの。

字幕をオンにすれば日本語字幕が表示されます。動画はこちらから。
Dragon Ball Z: Light of Hope – Pilot – YouTube

この「Dragon Ball Z: Light of Hope – Pilot」は、米・カリフォルニアのクリエーターチーム「Robot Underdog」によって製作された作品。そして「Light of Hope」シリーズのエピソード1として製作されたパイロット版であり、現在は続きとなるエピソード2の製作が進行中とのこと。もしエピソード2に興味がある場合こちらのサイトで寄付金を受付けています。
Robot Underdog » Donate

こちらは「Dragon Ball Z: Light of Hope」のメイキング映像。どうやって会得したのかはわかりませんが「かめはめ波」の演技指導なども収められています。
DBZ: Light of Hope BTS – Stunts & Fights – YouTube

関連記事

とんでもなくリアルな仕上がりのドラゴンボールのキャラクターたち - DNA

膨大な時間と愛を費やして作られた「ドラゴンボール」のパラパラ漫画4作品 - DNA

昭和感満点でものすごく見たくなるファンメイドトレーラー「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」 - DNA

「ドラえもん×AKIRA」なファンメイド・アニメ「DORAEMON」が禁断の融合すぎる - DNA

スーパーマリオ世界のキャラクターが大銃撃戦を繰り広げるファンムービー「Mario Warfare」予告編 - DNA

すさまじき自主制作、80年代アニメ風「スター・ウォーズ」の動画がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧