世界のびっくりニュース

「スター・トレック」のスポック副長役 レナード・ニモイさん死去


「船長、それは非論理的です」というセリフや、独特のハンドサインの挨拶「長寿と繁栄を(Live long and prosper……LLAP)」で知られるバルカン人と地球人のハーフ、スポック副長を演じたレナード・ニモイさんが死去しました。

レナード・ニモイさん死去を伝える公式アカウントのツイート。

レナード・ニモイさんは1931年生まれの俳優。53年に当時演劇を学んでいたボストンガレッジを中退し、ハリウッドに移住。TVや映画などへの出演を始め、50本以上のB級映画に出演しキャリアを積みました。

File:Leonard Nimoy (5773918615).jpg – Wikimedia Commons

最も当たり役となったのは66年放映開始のTVドラマ「宇宙大作戦(スター・トレック)」のスポック副長でしょう。宇宙探査船U.S.S.エンタープライズ号の旅と現実世界での宇宙開発ブームが重なっていた時代でもあり、理性と論理を重んじるバルカン人のキャラクターは大人気となりました。

「スター・トレック」は超長寿ドラマとして「スター・ウォーズ」や「ドクター・フー」などとともに、アメリカのサブカルチャーに大きな影響を与え続けています。

バルカン式挨拶(バルカン・サリュート)のポーズをとるコスプレイヤー。特徴的な耳や髪型から、コスプレの題材としても非常に多く見られます。

Imgur

2014年頃から慢性閉塞性肺疾患での闘病が続けられていましたが、2015年2月27日83歳で亡くなりました。最後のツイートはこちらでした。

「人生とは庭園のようなものだ。完璧に仕上がった瞬間はあったかもしれないが、記憶の中以外にその姿を留めることはできない。長寿と繁栄を。」

トップ画像:File:Star Trek Spock.jpg – Wikimedia Commons

関連記事

世界最速のガンファイター、ボブ・マンデン死去 - DNA

敵戦車約150両を屠ったドイツのエース戦車兵、オットー・カリウス氏死去 - DNA

軍事スリラー小説の大家、トム・クランシー死去の報道 - DNA

日本のサブカルをポップなイラストで彩ったイラストレーターの水玉螢之丞さんが死去 - DNA

世界最高の自動小銃を作った男、ミハイル・カラシニコフ氏が94歳で死去 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧