世界のびっくりニュース

数学的に作られた植物の3Dモデルをストロボ撮影した不気味なアニメーション動画「Bloom」


植物の葉は太陽光をより多く受けるため「葉序」にしたがって規則正しく様々な方向に向かって伸びています。この構造を模した3Dモデルを出力、回転させてアニメーションにすると不思議な動きが現れます。

「Bloom」では「黄金角」である137.5度ずつずらして突起が出ています。これを回転させながらストロボ撮影を行うと、このようにウネウネとした動画が出来上がります。
Blooms: Strobe-Animated Sculptures on Vimeo

ちなみに本物の植物を同じようにストロボ撮影すると同じようにウネウネしています。
artichoke spin 2 – YouTube

一見不規則に見える植物にも、実はこうして純粋に数学的なものが隠れているのは不思議なことですね。

関連記事

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

思わず生命の神秘を感じてしまう「フラクタル立体」の動画 - DNA

自然界のいたるところで見つかる「フラクタル図形」な画像いろいろ - DNA

本当に地球なのかと疑いたくなる、世界中の砂漠を上空から撮影した美麗な写真集「Desert Air」 - DNA

まるでルネッサンス絵画のような黄金比を見せるウクライナ最高議会の乱闘写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧