科学と技術

夜中でもロケットをぶち込めるM72ロケットランチャー用レーザーサイトが軍に正式採用


簡単構造のロケットランチャーM72は手軽に使える反面、光がない環境では狙いをつけることができないという問題も抱えていましたが、今回レーザー照準器大手のクリムゾン・トレース社が開発したこちらのレーザーサイトなら、そんな問題も一発解決です。


M72 LAWは使い捨て式のロケットランチャー。簡素な構造で大量の炸薬を送り込めるので、より大型のAT4が普及した今でも一部の部隊で使用されているようです。さすがに近代的な戦車には効果が小さくなってしまったようですが、軽装甲な車両や敵の陣地を吹き飛ばすといった用途にはまだまだ有用です。

問題は簡素過ぎて照準器がイマイチなこと。備え付けられた照準器は非常に原始的なもので高い精度は望めません。また、大きなナイトビジョンを装着してしまうと覗きこむことができなくなり、夜間の待ち伏せといった時には命中精度が大きく落ちてしまいます。

レーザー照準器大手のクリムゾン・トレース社はM72の製造元であるナンモ・タリー社の要望にこたえ、2011年9月にM72用照準器のプロトタイプの開発を完了、長くテストが行われていましたが2014年6月に正式にNSNが付与され、支給されることとなりました。

このように取り付けて出荷されるほか、既存のM72に取り付けて使えるよう個別でも出荷されるようです。ロケットを使った後は外して再利用してもよし、安価なものなのでそのまま捨ててもダメージは大きくありません。

肉眼では見えないIRレーザー仕様のものもあり、ナイトビジョンと組み合わせれば真っ暗な夜でも気づかれること無くM72の照準が可能です。

武器の威力向上や、その射撃方法・運用方法はWW2後飛躍的に進歩してきましたが、最近のトレンドは視覚や聴覚、筋力など使用する人間の能力を拡張する方に向かっています。人間を超えた人間を作り出す何か、の研究も進んでいるのではないでしょうか。

ソース:Crimson Trace’s M72 LAW Laser Sight Provides 24/7 Capability

関連記事

アメリカ海兵隊、60mm迫撃砲の新型光学照準器をテスト中 - DNA

アメリカ陸軍が開発中の「液体レンズ」で瞬時に倍率を変更できるスコープ「RAZAR」 - DNA

壁に隠れたまま光学照準器で狙いをつけられるデバイス「Hidesight」 - DNA

Arduinoでライフル用反射式照準器の表示をカスタムした動画 - DNA

広大な射撃場を駆け抜けつつ自動照準ライフル「TrackingPoint」を撃ちまくっているプロモ動画 - DNA

マグニファイア用の2軸ヒンジのスコープカバー「Butler Creek Tactical Sidewinder Flip Cover」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧