アートとデザイン

捕まえた昆虫を食べてしまう「食虫植物」の成長や捕食の瞬間を捉えたタイムラプス映像「Carnivora Gardinum」


約1年間の月日を費やし2台のカメラを使用して撮影された食中植物が成長する過程や昆虫を捕食する瞬間を捉えたタイムラプス映像「Carnivora Gardinum」。ちょっと不思議な食中植物の生態を垣間見ることが出来ます。

この映像「Carnivora Gardinum」は、アメリカ・コロラド州の写真家 Chris Field 氏の作品。DIY撮影機器や撮影技術のテストに8ヶ月を費やし、植物セットも非常に念入りに製作されています。撮影期間は107日に及び、総製作には約1年間を要した大作です。

Carnivora Gardinum on Vimeo

「Carnivora Gardinum」の撮影時の苦労がよく分かる14分22秒のメイクング映像。特撮映画のような雰囲気があります。
Carnivora Gardinum BTS on Vimeo

食虫植物は、昆虫が這い上がることが出来ない「落とし穴方式」やパクっと葉で挟んで動けなくする「はさみ罠方式」など、いろいろな方法で虫を捕まえて食べてしまう植物。虫を捕まえ消化して栄養にしてしまう食虫植物の生態は非常に不思議に感じてしまいます。

またこちらは昆虫また動物をむしゃむしゃと食べている食虫植物の写真です。(虫や植物が苦手な人は注意して下さい)
いろいろな罠で虫や小動物を捕食している食虫植物の写真

Chris Field 氏の「Biolapse」で、たくさんの植物タイムラプス映像が公開されています。また同じく Field 氏が写真撮影に使用しているタイムラプス撮影用器具は、DIYプロジェクト「The Chronos Project」で公開されています。

関連記事

神秘的で多様な形状に進化した植物の種の写真集「Means of Reproduction」 - DNA

有名な植物の意外と知られていない不思議な形をした種子の写真 - DNA

ミクロの美しき生物の世界、光学顕微鏡で撮影した生物写真コンテスト「BioScapes Digital Imaging Competition 2013」の入賞作品一覧 - DNA

厳しい環境を生き抜く植物の姿に心奪われてしまう写真25枚 - DNA

神秘の進化を遂げて別の何かに見えてしまう不思議な形状の植物17選 - DNA

17世紀の女性昆虫学者が精密にスケッチした昆虫・植物図鑑「Erucarum Ortus」の美麗なイラストレーション - DNA

発芽や開花など植物が劇的に変化・成長する神秘的な姿を捉えたタイムラプス動画「Macro Timelapse」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧