アートとデザイン

破壊的クライマックスが炸裂するマウリシオ・カーゲルの「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」の動画


音楽の歴史は様式にのっとったものから「ルール無用なんでもあり」への進化と複雑化への道のりなのですが、アルゼンチンの作曲家・マウリシオ・カーゲルの「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」は、予想をはるかに超える驚愕のラストが待っています。

動画はこちらから。
マウリシオ・カーゲル「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」with Rie Watanabe – YouTube

この驚愕のクライマックスを生み出す楽譜はこうなっているそうです。最後にダイブをかますティンパニは、普通の樹脂や皮革の鼓面ではなく紙を張ったダイブ用のものを用意しておくこと、音量は最大最強の「fffff(フォルティシッシモ・フォルテシモ)」の全力でやるようにとの指示が書いてあるようです。

近現代の曲は「さざ波」「カミナリ」「風」「鳥の声」など色々な鳴り物が出てきたり、面白い演出が盛り込まれているので退屈しません。

仕掛けがデカいといえばチャイコフスキーの「1812年」でしょうか。楽譜に「大砲」のパートがあることで有名です。普通は大太鼓などで代用するのですが、こちらの動画では音楽隊に合わせて、自衛隊の特科部隊が105mm砲を「演奏」しています。

ほぼぴったり譜面通りに演奏されており、彼らの練度の高さがよく分かる動画でもあります。
Tchaikovsky “1812 Overture” with 105mm Cannons 20101017 (2/2) – YouTube

トップ画像:Timpani | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

指揮者の「動き」がオーケストラに対し視覚的に影響を与えることが科学的に証明される - DNA

いつの間にか全員集合したオーケストラが「スター・ウォーズ」のテーマ曲を演奏するフラッシュモブ動画 - DNA

オーケストラが世界最辛のトウガラシを食べながら情熱的なタンゴを演奏するとこうなる - DNA

ゴミから作り出した楽器で子ども達に音楽教育を与える交響楽団のドキュメンタリー「Landfill Harmonic」 - DNA

トロンボーン奏者にどんなトラブルが発生したのか一発でわかる動画 - DNA

3Dプリンタで出力するナイロン樹脂製アルトサックスをスイスの研究者が開発 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧