世界のびっくりニュース

超軽量・超強靭なカーボン製紙飛行機型ラジコン「Carbon Flyer」が出資募集中


「チタン」とか「カーボン」といったハイテク素材を使えばもうなんだってかっこいいわけですが、こちらの「Carbon Flyer」はカーボン製紙飛行機な上にラジコンとして飛ばせてしまうという大変ロマンあふれるガジェットです。


紙や樹脂、発泡フォームといった材料を使う通常のモデルプレーンの強度はあまり高くありません。

しかしカーボンファイバーを整形した「Carbon Flyer」はこの通り、軽さ・薄さを維持しつつも、同重量の鋼材の100倍の強さを実現しています。

紙や樹脂のシートにカーボン柄を印刷したなんちゃってカーボンではなく、本当に本物の炭素繊維シートに、カーボンナノチューブで強化されたエポキシ樹脂を使って組み立てられた、ザ・カーボンな飛行機なのです。
A stunning look at Carbon Flyer – YouTube

しかもスマートフォンアプリを使えばラジコンにもなるという仕組み。

色々遊べる感じの動画はこちらから。
Watch the Carbon Flyer Soar – YouTube

世界には「カーボンファイバー」という言葉に弱い人が多いのか、Indiegogoでは50000ドル(約600万円)の出資募集に対し、約17万3千ドル(約2000万円)もの出資が集まってしまっています。小売価格は149ドル(約1万8千円)。先行予約で今なら99ドル(1万2千円)で購入可能です。

なお、ラジコンはちょっと……という人は、ラバーバンドで飛ばせるバージョンもあります。こちらは39ドル(約4600円)と値段もお手頃です。
CF Free Flight by Carbon Flyer – YouTube

ソース:Carbon Flyer: The Ultimate Crash Proof Video Drone | Indiegogo

関連記事

最高出力180馬力・車重200kgのオールカーボン電動レーサーバイク「Sarolea SP7」 - DNA

「事実上」破壊不可能、チタンの板から作られた究極の自転車用ロック「TiGr Lock」 - DNA

太陽光だけをエネルギーに水から水素を分離できるナノサイズのワイヤーツリーの開発に成功 - DNA

プラスチックゴミを3Dプリンタのフィラメントにリサイクルできる整形機「Filabot」 - DNA

金属3Dプリンタによる1911型45口径ピストルの製造・実射にアメリカの企業が世界で初めて成功 - DNA

金属3Dプリンタ製45口径1911ピストルに関するQ&Aを製造元が公開 - DNA

3Dプリンタで出力するナイロン樹脂製アルトサックスをスイスの研究者が開発 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧