アートとデザイン

意外と怖い「裏の姿」があらわとなったテディベアの写真シリーズ「Bears」


通常は表の姿しか見る事ができないテディベアの中身を取り出し、生地を裏返し中身を詰め直した「裏の姿」を白日の下にさらしているのがこちらの写真シリーズ「Bears」です。子供向けのぬいぐるみとしてはちょっと不適切なビジュアルになってしまっています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

継ぎ接ぎだらけで何となく切ない雰囲気となってしまったぬいぐるみたち。修復を繰り返し長く愛され続けているぬいぐるみと不思議と似ている気がします。
幼い頃からずっと愛され続けているぬいぐるみたちの写真集「MuchLoved」

これらの写真はアメリカのアーティスト Kent Rogowski 氏の作品です。

その他たくさんの作品はこちらの公式サイトで公開されています。
ソース:Bears |Kent Rogowski

関連記事

じわじわと二足歩行でテディベアが迫り来る……着ぐるみのコスプレ犬がとんでもなく可愛い - DNA

テディベアが最高の友達と出会うまでを描くストップモーション・アニメがかわいい - DNA

「絶対離さないニャ……」とばかりに力いっぱいテディベアを抱きしめる猫のムービー - DNA

[閲覧注意]ゾンビ風アレンジされたテディベア・ロボットの「いないいないバア」が怖すぎる - DNA

[閲覧注意]見た目が恐怖過ぎる「食べられるように作ったテディベア」 - DNA

子どもが描いた絵をぬいぐるみで再現するプロジェクト「Child’s Own Studio」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧