世界のびっくりニュース

信号を待っている同士で対戦ゲームができてしまう信号用押しボタン「ActiWait」


信号待ちは退屈なものですが、「ActiWait」はこの僅かな時間を使って道路の向こう側の人と対戦ゲームができてしまう信号用ボタン。これが設置されていればもう信号待ちでイライラすることもなさそうです。


こちらが「ActiWait」。タッチパネル式の信号ボタンで、信号の残り時間が緑のゲージで表示されています。

赤の時はこれをタッチして、信号の色が変わるのを待つわけですがここからがポイント。同じように道の向かい側で画面にタッチした人と「PONG」で対戦することができるのです。

制限時間、つまり信号が変わるまでにたくさん得点したほうが勝ち。

負けると親指の向きが下のサインが表示されます。

動画はこちらから。ゲームの結果によっては、信号が変わった瞬間にケンカが始まりそうなのが問題ではあります。
STREETPONG on Vimeo

この「ActiWait」はもともとドイツ・ホルツミンデンにあるHAWK大学芸術学部のHolger Michel、Sandro Engel、Amelie Künzlerが制作したインタラクティブアート。2012年に上の動画を公開したところ大きな話題となり、3人はベンチャー企業を設立。ホルツミンデン当局の後押しもあって、現在indiegogoで資金提供を募っています。
Streetpong an der HAWK in Hildesheim, die Eröffnung! on Vimeo

ソース:URBAN INVENTION | URBAN INVENTION – Invent the urban place

ActiWait – a smart traffic light button | Indiegogo

関連記事

ビル側面を丸ごと使った超々々大画面でプレイする「Pong」の動画 - DNA

もしもレトロなゲームに「スーパーイージーモード」があったらこんな感じになるという動画 - DNA

Webコンテンツのメインを張るのはFlashかそれともHTML5か、とうとうブラウザ上で「直接対決」が実現 - DNA

あの「テトリス」が「叙事詩的に壮大なSF」で実写映画化決定 - DNA

ウルトラ難度のドット絵、「テトリス」でルイージを描く動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧