世界のびっくりニュース

精子バンクへの精子提供時に男性が使用する部屋はこんな感じ


現在、アメリカだけでも年に100万人以上の子どもが人工授精で誕生していると言われており、その多くは精子バンクから提供された精子が利用されています。では精子バンクへの精子提供はどのような感じで行われているのでしょうか。どのような場所や方法で精子バンクへの提供が行われているかがよく分かる写真です。

1. ドアを開けるとこのような小さな部屋が現れます。

2. 洗面台

3. 椅子の横の棚に用意されている雑誌とタオル

4. 「heterosexual(異性愛)」と書かれたファイル

5. ファイルの中身は「Playboy」のようです

6. 部屋から見た入り口のドア

専門技術者による採取ではなく「作業」は自前。パソコンやDVDなどの映像機器は無く、あるのは雑誌のみ。かなり殺風景な気もしますが、実際にはこのような部屋で精子の提供は行われるようです。

ちなみにアメリカではスーパーモデル、成功したビジネスマン、医者や弁護士などの専門職、スーパーハッカー等の職業の人が人気が高く価格も高くなる傾向があるそうです。

ソース:Masturbation Station – Imgur

関連記事

体は資本、自分の体の一部に巨額の保険をかけている世界のスーパースター10人 - DNA

ものすごく必要だけどちょっと変わった世界の職業いろいろ - DNA

切開手術不要、超音波を使って避妊ができるようになるかも - DNA

もはや話芸「一番印象に残っている訓練教官の罵倒を教えて」スレッドに集まった罵倒表現いろいろ - DNA

いつの日か手に入れたい、男が憧れる理想の遊び部屋20選 - DNA

大人の男の夢を実現したような最高に楽しそうなガレージの写真いろいろ - DNA

男の戦場、快適さと効率をつきつめまくったコンピューター部屋の写真31枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧