アートとデザイン

映画の中で「ジーザスクライスト!!!」の名前を呼んでいるシーンいろいろ


「ジーザス・クライスト」は英語で「キリスト」のこと。「なんてこったちくしょう!」という意味で、非常によく使われる言葉であり、当然のことながら運の悪い人が出る映画ではたくさん聞くことが可能です。

動画はこちらから。
JESUS CHRIST SUPERCUT – YouTube

なお、みだりに神やその息子の名前を呼ぶのはあまり行儀がよくないことなので、そのあたりは空気を読んでお使いください。「Oh my god」も「Oh my gosh」と言い換えることが多いようです。

関連記事

イエスが出て殺す!キリストがゾンビ軍団を殲滅するアクション映画「Fist of Jesus」 - DNA

思わず元気が出てしまう「イッツ・ショータイム!」と叫ぶシーンだけ91連発 - DNA

映画の中で「伏せろ!」と叫ぶシーンのマッシュアップ動画 - DNA

映画の中で「イヤな予感がするぜ……」と呟いている瞬間をいっぱい集めたマッシュアップ動画 - DNA

女性を人質にした悪者にかっこ良く「彼女を放せ」と言うシーンをまとめた動画「Let Her Go」 - DNA

元祖ワイルド俳優・チャールズ・ブロンソンが大活躍するマッシュアップ予告編「The Ultimate Charles Bronson Movie Trailer」 - DNA

「俺の目の前で死ぬな!(Don’t Die On Me!)」なシーンのマッシュアップ動画 - DNA

「これがスパルタ流だ!!!」からはじまるアクション映画の偉大なキメ台詞100選まとめ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧